映画少しかじったくらいの人に「最終絶叫計画」をオススメするたった一つの理由

僕は年間20~30本(月2~3本)程度の映画を観る、「映画少しかじってます」くらいの人間です。

そんな僕が最近観た、久々に面白いと感じた映画「最終絶叫計画」について、なぜ僕が面白いと思ったのか、なぜ「映画少しかじってます」くらいの人にオススメするのか話したいと思います。

面白くて思わずブログを更新するほどです。

映画概要

公開:2000年

監督: キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、パロディ

映画タイトルとは裏腹に、本映画は完全なるパロディ映画です。

ホラー映画やスリラー映画のようなタイトルですが、思わず目を瞑ってしまったシーンは殆どありませんでした。(1シーンくらい)

あらすじ

ハロウィンの夜、ハイスクールの美少女ドリューが“ハロウィンマスクをかぶった殺人鬼”に惨殺された。テレビカメラやレポーターが殺到し街が大騒ぎになる中、シンディ・キャンベルは不安に駆られていた。

実はドリューが殺された日のちょうど1年前、彼女は恋人のボビーや仲間のショーティー、ブレンダ、バフィ、グレッグらと共に“ドライブをしていた際に、大騒ぎをしたあげく、道路に出てきた男をはねてしまい、死体を海に投げ捨てた”という出来事があったのだった。あの出来事とドリューの死に関係あるのではと心配するシンディ。

仲間たちは関係があるわけがないときっぱり言い捨てるが、次々にその仲間たちが殺されていく。

wikipedia – 最終絶叫計画

このあらすじだけ見ると、やはりスリラー映画なのでは?と疑う人が多いでしょう。

しかし実際は冒頭の通り、完全なるコメディ & パロディ映画です。

一番最初の被害者、ドリューの家に殺人鬼が入ってきたシーンにおいても、目の前のテーブルに手りゅう弾、ナイフ、包丁、拳銃、バナナが置いてあったにも関わらず、ドリューはバナナを手に取ります。

そしてそのバナナを特に何かに使うこともなく、殺人鬼の横をすり抜け家の外に逃げます。

そして殺人鬼から逃走するシーンでも、なぜか庭のスプリンクラーから水が出ていて、まるでシャワーを浴びるかのように髪をかきあげながら逃げるドリュー。

ついにドリューが殺人鬼に刺されてしまうシーンにおいても、ドリューの胸を一刺しすると、豊胸用のシリコンだけナイフに刺さり、ドリューは一命を取り留めます。

冒頭からそんなコメディ満載の映画なので怖いわけありません。

そんな映画をおすすめする理由

この映画面白いかも!と思った一番最初のシーンは、映画開始からたったの5分で現れました。

ドリューが殺された後、場面は本作の主人公シンディの部屋に移ります。

シンディの恋人であるボビーが、窓からシンディの部屋に侵入してきます。

ちょうど同じタイミングでシンディの父が、シンディの部屋に入ってこようとします。

しかしシンディは部屋にチェーンロックをかけているため、シンディの父はドアに顔を挟んでしまいます。

最終絶叫計画より

このシーンを見て、「あれっなんか見たことある」と思いました。

それがこれです。

映画「シャイニング」の有名なシーン

こうやって比較してみると、そんなに似てないですね。

この父がドアに挟まるシーンは、ホラー映画の名作「シャイニング」のジャケットにも採用された有名なシーンのパロディだと気付きました。

そこで「あ、この映画はパロディ映画だ」と確信しました。

そこからは非常に面白く、「あ、このシーンはあの映画だ!」「これは何かのパロディっぽいけど、何のだろう」と推測しながら観ました。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/6583/movie/zekkyolist.html

こちらのサイトで、実際にどの映画がパロディ化されたのかが分かります。

正直「少しかじってます」くらいな自分は、この半分も見たことない映画ですが、本作「最終絶叫計画」を観たおかげで、これらの作品も観てみようと思いました。

だから「少しかじってます」くらいの人の方が、様々な映画への好奇心が湧くため、僕はオススメしたいのです。

もちろん映画通の人は最初から最後まで面白いのでしょう。

最後に

思わずブログにするくらい良かった映画なのですが、やっぱりアメリカのコメディ映画の下ネタはかなり下品で、観る人によっては不快に感じるかもしれません。

前に観た「ボラット」というコメディ映画は、正直下品すぎて笑えませんでした。

本作「最終絶叫計画」は「ボラット」ほど下品な描写はないものの、家族や恋人と観るのは避けた方がいいかもしれません。