初心者にオススメな、都心から近いゴーカートサーキットを紹介

  • 6月 19, 2019
  • 5月 16, 2022
  • 趣味

私は年に1度、友人とゴーカートに行きます。

ゴーカートって実はすごく楽しいんですよ。社会人になって初めて体験したのですが、以来定期的に行くようになりました。

しかし「ゴーカート」って、周りでやってる人少ないですよね?

中々ハードルが高いうえに、実はお値段もそこそこするんです。

なので今回は、初心者にオススメなゴーカートサーキットを2つ紹介したいと思います。

そもそもゴーカートとは?

ゴーカートとは?

「ゴーカート」と聞くと、遊園地のアトラクションを想像する人は多いのではないでしょうか。

あえて分かりやすく「ゴーカート」と表現していますが、ゴーカート界では「カート」と呼ばれることの方が多いです。

遊園地のアトラクションにあるゴーカートは、通る道が固定されていたり、一定のスピードまでしか出すことができないものが殆どです。

今回私が紹介するゴーカートは、「自由に運転することができる、サーキット場でのゴーカート」です。

飯能にあるゴーカートサーキット「フォーミュランド・ラー飯能」では長い直線があり、そこでの最高速度は60km/hを超えます。

「え!60km/hって怖!」と思うかもしれませんが、ゴーカートは車体が低く重心も低いため、クラッシュしても吹っ飛ぶことはありません。

それに実際はカーブなどで減速をしながら進むため、平均速度は初心者であれば20km/h~30km/hくらいだと思います。

それくらいの速度でも車体が低いので、体感速度は想像以上に早く、非常にスリリングでエキサイティングなのです!

にしかた
エンジョイ&エキサイティング!

ゴーカートは高い!

ゴーカートは非常に楽しいのですが、チャレンジを妨げる理由として「価格の高さ」が挙げられます。

ゴーカートの平均的な金額は10分走って2,000円くらいです。50分楽しんだら10,000円もします。結構ブルジョアな遊びですよね。

10,000円あったら、カラオケやボウリングなど他の遊びを選択してしまいますよね。

その上、サーキットは広い敷地が必要になるため、東京都内にはサーキット場が殆どありません。

東京23区内唯一のサーキットは、北千住にある「シティカート」です。

「シティカート」の料金は10分で1,900円です。ややお値打ちなものの、「北千住にまで行ってわざわざ・・・」と思う方もいるのではないでしょうか。

そのため今回紹介するサーキットは「安い」という点にフォーカスしています。

都心から近いおすすめサーキット2選

クイック羽生

名前 クイック羽生
場所 埼玉県羽生市桑崎275-1
料金 モーニングフリーパス
男性:6,050円
女性:4,400円

アフターヌーンフリーパス
男性:7,700円
女性:5,600円

こちらは埼玉県羽生市にある屋外サーキットです。

正直都心から少し遠いのですが、値段は最安値だと思います。

後述するサーキット634に比べ1周が長く、特にスタート・ゴール付近の長い直線は非常に面白いです。

クイック羽生ではスタッフの方がかっこいい写真を取ってくれるため、記念にもなりますね!

クイック羽生
クイック羽生と私

クイック羽生では乗り放題プランがあるので、長く、多く楽しみたい方はオススメです。

1日フリーパスが12,000円になりますが、オススメはアフターヌーンフリーパス(3時間半)で、お値段は男性が7,700円、女性が5,600円です。

3時間半はちょっと短い、、と思うかもしれませんが、先述の通り初心者の人であれば3時間半だけでもヘトヘトになります!

サーキット634(閉店)

にしかた
閉店してました・・・(悲)
名前 サーキット634
場所 埼玉県入間市宮寺3186−10
料金 フリーパス9,300円

もう一つのサーキットは、入間の三井アウトレットパークの近くにある「サーキット634」です。

サーキット634の外観
サーキット634の外観
サーキット634の中の様子
サーキット634の中の様子

ここはサーキットの中でも珍しい室内型のサーキットです。

そしてサーキット634も、クイック羽生と同様に「乗り放題プラン」があります。

全日乗り放題で9,300円、会員登録費で500円、レンタルヘルメット着用用のマスク代で500円かかるので、合計10,300円で6時間楽しむことができます。

1回のインターバルは7分で、1周25秒くらいで周回できるので、14~16周することができます。

先日サーキット634を訪れた時は、このインターバルを12回行いました。

少ないと思うかもしれませんが、インターバルの8回目くらいには腕がヘトヘトになるくらいです。

普段スポーツをしない人は、4・5回でヘトヘトになると思います。

サーキット634の表彰台

にしかた
表彰台もあって、友人たちで盛り上がること間違いなし!
※サーキット634は2019年9月に閉店になったそうです。

おすすめサーキットまとめ

カートを安く、長く楽しみたいと思い色々調べた私ですが、都心から近く、ここまで安いサーキットはクイック羽生しかありません。

にしかた
サーキット634の閉店が悔やまれる!!

そもそも乗り放題プランがあるサーキットが珍しいのです。

注意点としては乗り放題プランだと、他のお客さんが多いと待ち時間が増えてしまうため、かえってお得じゃなくなるケースも発生します。

またクイック羽生では定期的に貸し切りイベントなどがあるため、せっかく埼玉県の奥地まで行ったのにゴーカートに乗れない可能性もあります。

公式サイトにイベントカレンダーがあるので、当日の予定を確認してから行くようにしましょう。

また特に開店時などは空いていることが多いので、開店と同時に乗り放題プランを開始することをオススメします。

クイック羽生のアフターヌーンフリーパスの場合は13時スタートを目指しましょう。

にしかた
次の日、体がバキバキになるから注意な!