扁桃炎になって5日間寝込んだ話。扁桃炎の原因と対策。

2つめの記事がこんな内容になるとは。。

2019/3/1から2019/3/5まで扁桃炎にかかり、最大38.6℃まで体温が上昇(平熱36.0℃)。社会人になってから最も過酷だった5日間の反省と、原因・対策のまとめです。

またDeNAのWELQ問題もあるので前置きをしておくと、私は医療関係者でもなく、様々なサイトを参考にして、自分の意見を述べているだけなので科学的根拠はありません。

メンタリストのDaiGoの言葉を借りれば「n=1」の信憑性の低い記事だと捉えてほしいです。

扁桃炎になりやすい私

そもそも私は、いままで年に4回~6回くらい発熱していました。

ずっとそれを風邪だと思いこんでいましたが、今回の件を経てそれが「慢性扁桃炎」なのではないかと思い始めました。

(習慣性扁桃ともいうらしいです。)

学生時代は比較的風邪にもなりづらく、社会人になってから突然発熱が続くようになったので、運動もしなくなって免疫力が落ちたのかな~なんて漠然と思っていました。

発熱は大体37.0℃前後だったので、無理して会社に行くこともよくありました。

辛い時は病院に行くこともありましたが「あ~扁桃腺が腫れちゃってますね~」以上のことは言われたこともなく、それが体質的なものなのかどうかも分からないまま解熱剤を処方される。そんな感じでした。

毎回この症状が出るときは、

  1. 喉のあたりがソワソワし始める
  2. 次第に喉になにかつっかかるような感覚に変わる
  3. 最終的に痛みとともに発熱

というパターンだったので、早いときは①の段階で、遅くとも②の段階で発熱を確信し、悲しみに暮れるような感じでした。

扁桃炎が長期化した原因

今回、扁桃炎が長期化した原因は大きく3つあると考えました。

  • 長いソワソワ期への油断
  • 体質的な問題
  • 喉の乾燥

長いソワソワ期への油断

普段は1日~2日程度で終わる上述したステップ①の「喉のあたりがソワソワし始める時期」が、今回は1週間ほど続きました。

1週間も続いていたなら何か対策できたはずなのですが、2、3日目から「あれ、これって気のせいかな?」と思ってしまいました。

発熱が始まったのは2019/3/1だったのですが、この油断のせいで2019/2/26~2019/2/28の3日間、かなりの酒を飲んでしまいました。

(もしかしたらお酒を飲んでいたこともあって、喉の痛みの感覚が鈍っていたのかな・・・?)

とにかく油断して、目の前に発熱が待っているのに、大量のお酒を飲み続けていたことが、この扁桃炎の長期化につながったのではと思っています。

体質的な問題

扁桃炎になりやすい体質と、なりにくい体質があるらしいです。

専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、少なくとも年5~7回発熱する私は「扁桃炎になりやすい体質」といえるでしょう。

慢性扁桃炎の場合、加湿やうがいなどの予防対策の他に、扁桃腺を切除する手術も有効だそうです。

38度以上の熱に苦しみながら、本気で扁桃腺の切除手術を検討しました。。

ただ、手術をすると1週間程度入院が必要だそうで、サラリーマンの私にとってはかなりハードルが高いです。

学生のときに切除しておけばよかった。。

喉の乾燥

これは完全に私が悪いのですが、この当時私はまったく加湿やうがいなどの予防対策をしていませんでした。

まじでこれから予防しようと思いました。。それくらい辛かったです。

にしかた
自業自得だぜ

今後の扁桃炎の対策

普通の予防しておけば大丈夫だった

2020年、新型コロナウイルスの蔓延によって、幼少期に捨ててきた手洗いうがい習慣を取り戻し、日常的にマスクを着けるようになりました。

それによって2ヶ月に1度は起こっていた扁桃炎が、半年に1回程度になりました。

半年に1回起こる扁桃炎も、たまーに予防を怠ると例のソワソワ感がはじまり「うわーやっちゃったなー」という気持ちになります。

あとは今住んでいる家が比較的乾燥しやすくて、扁桃炎と関係なく朝起きたら喉が痛い状況が続いたので、寝る時に加湿器をつけるようになりました。

昔から言われ続けている「手洗いうがい」は、面倒くさがらずにやるべきだなと思いました。

にしかた
当たり前のことだぜ・・・

扁桃腺切除という選択も

半年に1回程度になったので、現在は前ほど扁桃腺を切除するかどうかについて悩んでいません。

ただ入籍しようと決めていた日に扁桃炎になってしまい38度の熱が出つつ、ロキソニンを飲んで区役所に行き、彼女にブチギレされた時は扁桃炎切除すべきか本気で悩みました。

ただ扁桃腺を切除したところで入籍日の妻の怒りは晴れないので、切除すべきかは冷静に検討したいと思います。

にしかた
すまんよ、マイワイフ

まとめ

新型コロナウイルスの蔓延によって手洗いうがい習慣がついたことによって、昔ほど扁桃炎にならなくなりました。

ただアフターコロナでこの習慣がまた消滅することは避けたいので、定期的に当時のことを思い出したいと思います。

・ソワソワ期に油断は禁物!
・扁桃腺を切除する前に、日常的にできる予防対策を見直す